IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

法螺吹き田村の真贋判定
紀伊国屋文左衛門ミカン船伝説の再現なるか
皆が匙を投げるたところが宝の山

ムスカリン受容体M1作動薬
初の選択的ムスカリンM1受容体作動薬として、アルツハイマー病や認知障害の適応で臨床試験が進められております。既存薬であるコリンエステラーゼ阻害剤は内因性のアセチルコリンの機能を基とするため、非選択的ムスカリン作動薬として作用し、有効性が限定的、持続性が無い、副作用による投与量の制限などの問題がありますが、当該開発品はその問題点を全てにおいて解決できる可能性があります。

2018年6月18日 (月)
 米イーライリリーと英アストラゼネカは、アルツハイマー病(AD)に対する経口βセクレターゼ切断酵素(BACE)阻害剤「ラナベセスタット」の国際共同第III相試験を中止した。

2018年2月26日 (月)
 米メルクは、アルツハイマー病(AD)による健忘型軽度認知障害患者を対象とするBACE阻害剤「ベルベセスタット(一般名)」の第III相試験「APECS試験」を中止すると発表した。

2018年1月30日 (火)
 武田薬品と米ジンファンデル・ファーマシューティカルズは、アルツハイマー病(AD)に起因する軽度認知機能障害の発症遅延に対する有効性を検討するチアゾリジン系薬剤「ピオグリタゾン0.8mg徐放製剤」のグローバル第III相試験「TOMMORROW試験」を中止すると発表した。

2017年12月25日 (月)
 エーザイと米バイオジェンは21日、早期アルツハイマー(AD)病患者856人を対象とした抗アミロイドβ(Aβ)プロトフィブリル抗体「BAN2401」の第II相試験「201試験」について、12カ月時点の中間解析でベイジアン解析に基づく成功基準として設定した有効性の主要評価項目を満たさなかったと発表した。

4565 - そーせいグループ(株) 法螺吹き田村の真贋判定 紀伊国屋文左衛門ミカン船伝説の再現なるか 皆が匙を投げるたところが宝の山