IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です
現在位置:
そーせいグループ(株) - 株価チャート

1,858

-19(-1.01%)
  • 前日終値
    1,877(10/22)
  • 始値
    1,857(09:00)
  • 高値
    1,872(10:35)
  • 安値
    1,835(09:32)
  • 強く買いたい
  • 様子見
このスレッドは終了し、閲覧専用となっています。
コメントの投稿、最新コメントの閲覧はこちらの最新スレッドをご利用ください。

掲示板のコメントはすべて投稿者の個人的な判断を表すものであり、
当社が投資の勧誘を目的としているものではありません。

  • まぁ、明日上がるか下がるかわからんが
    3ケ月後にはペプチドを追い抜いているんではないか。

    それまでには1部昇格、パイプラインの進捗、導出など何か出てくるのではないか。
    皆さんどうでしゃろ。

  • 666

    お絹 強く買いたい 2015年6月3日 23:02

    何が嘘なのか意味が分からない。
    風説の流布を「りゅうふ」と読みたければ読めばいい。頭悪い宣言ですから。
    利食いするかしないかは私の勝手。
    目標5ケタも私の中の目標。

  • 【明日の好悪材料】を開示情報でチェック!(6月3日発表分を一部抜粋)
    20時17分配信 株探ニュース
    Facebookにシェア

    現在値
    いちごGH 333 -1
    シンワAA 367 -3
    ユナイテド 1,630 +25
    AランドS 5,310 -130
    アクロディ 1,014 -13
    ※一部プレスリリースなど含む

     【好材料】 ――――――――――――

    いちごHD <2337> [JQ]
    5月のメガソーラー発電電力量は計画比15%増の412万2440kWh。

    シンワアート <2437> [JQ]
    太陽光発電施設の開発・販売を手掛ける子会社のエーペックが新たな事業として電力卸売事業を開始。エーペックは電力卸事業参入の第一歩として、日本ロジテック協同組合が行う電力共同購買事業(エコサブ)の一部を引き受ける。

    UNITED <2497> [東証M]
    富士山マガジンサービスの東証上場に伴い、同社が保有する富士山マガジンサービス株式の一部、3万2800株を売却へ。

    ALサービス <3085>
    5月のかつや直営店の既存店売上高は前年同月比3.0%増。2ヵ月連続で前年を上回る。

    アクロディア <3823> [東証M]
    ヤマダ電 <9831> が運営する「ヤマダゲーム」向けに、サッカー日本代表チームオフィシャルライセンスソーシャルゲーム「サッカー日本代表 2018 ヒーローズ」を配信開始。

    インフォテリ <3853> [東証M]
    オンライン付箋アプリ「lino(リノ)」のApple Watch対応アプリを全世界向けに提供開始。

    石原産 <4028>
    シンガポール子会社の土地借地権の一部売却に伴い、16年3月期に譲渡益約42億円を計上。

    サイバネット <4312>
    汎用可視化ソフト「AVS/Express」のオプション「地図情報可視化オプション」を販売開始。可視化データと地図との重ね合わせが即可能に。直観的な防災・減災情報の提供、ビッグデータ表示を強力にサポート。

    ソフバンテク <4726>
    ソフトウエア開発などを手掛ける日本情報産業がコーポレートサイトに、同社のウエブフォントサービス「FONTPLUS」を導入。



    [2015年6月3日]

  • 再生医療研究に適した画期的iPS細胞用培地の販売開始
    タカラバイオ株式会社は、再生医療研究に適した、iPS細胞用培地「Cellartis® DEF-CSTM 500 Xeno-Free Culture Medium」を、本日より、全世界で販売開始いたします。

    iPS細胞などの幹細胞研究は基礎から創薬、さらには、再生医療分野への応用へと拡大しています。iPS細胞の利用にはiPS細胞を維持、培養する工程が必須です。特に、再生医療研究においては、より安全性の高い条件で安定してiPS細胞を維持、培養することが求められています。

    このようなニーズに応えるべく、当製品は、当社施設で製造した本製品を今般発売いたします。本製品は、次の様な特徴を有しております。

    ●動物およびヒト由来の成分を含まず、また、フィーダー細胞と呼ばれるマウスの細胞と共培養する必要がない。このため、これらの成分に起因する感染リスクを低く抑えて安全に培養できる。
    ●単一細胞(シングルセル)での継代が可能なため、作業が容易で再現性のよい培養が可能。
    ●iPS細胞に必要な、自己複製能と未分化状態を長期間維持できる。
    ●製品のロット毎の性能差が少なく、高品質。

    また、当社は、本製品の技術を活用した、iPS細胞用培地のGMP/GCTPグレード製品を当社施設にて製造し、近日中に発売する予定です。

    当社グループは、近年ニーズが高まっている幹細胞分野の新製品・サービスの開発に注力し、「Cellartis®」ブランドである幹細胞関連製品のラインナップを拡充し、業績拡大を目指します。

  • 四季報夏号はファナックに続く“驚き変身会社”に注目だ! 
    21時46分配信 会社四季報オンライン
    Facebookにシェア

    つい数年前まで四季報の個別取材はもちろんアンケートさえ答えなかったファナックが驚くべき大変身を遂げている(写真は稲葉善治社長)
    拡大写真
    つい数年前まで四季報の個別取材はもちろんアンケートさえ答えなかったファナックが驚くべき大変身を遂げている(写真は稲葉善治社長)
    現在値
    大東建 13,105 -580
    ファナック 27,415 -285
    みずほFG 266.8 -3.7
     前回コラムでは6月1日から適用される「コーポレートガバナンス・コード」も株価上昇のカタリストになるとお伝えした。そこで今回は「コーポレートガバナンス・コード」について考えてみたい。

     その前に「コーポレートガバナンス・コードって何?」と感じるのがフツーの人の反応だろう。映画『ダ・ヴィンチ・コード』は知っていても、「コーポレートガバナンス・コード」なんて聞いたこともない人のほうが多数派だろう。

     金融の世界では、一般に聞き慣れない横文字カタカナの単語が次から次へと生まれ、その数もおそろしく多い。私もその業界にいた人間だが、個人的には「誰でもわかる簡単な日本語にしろよ」といつも不満に思っている。しかし金融業界はグローバルかつ変化の速い業界だ。横文字の新しい単語は仕方ないのかもしれない。

     一方で、カタカナ専門用語はなじみのないぶん、実際は簡単なことでもモノゴトを難しくしている面があるのは確かだろう。今回の「コーポレートガバナンス・コード」も、今の段階で評価を下すのは難しいが、少なくとも個人投資家がその言葉の難しさゆえに敬遠して、株式市場から遠ざかることがあって本末転倒だ。本来の目的である、企業価値の向上による株価上昇が、投資家層の拡大や市場の活性化につながることを期待したい。

    ■ あのファナックが! 

     さっそくだが「コーポレートガバナンス・コード」とは何かから始めたい。コードを策定した東京証券取引所のホームページの内容をまとめると以下のようになる。


     (毎週水曜掲載)

    ※当記事は、証券投資一般に関する情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的としたものではありません。

  • 米独の長期金利は上昇 金利差からはユーロに軍配
    22時22分配信 トレーダーズ・ウェブ
    Facebookにシェア

     ドラギ総裁は記者会見で、インフレ率を継続的に調整するまでQEを継続する方針を明らかにした。出口政策に関する議論がなかったことや、現段階でQEを拡大させる必要性はないとの認識も示した。また、市場のボラティリティに応じて金融政策を調整する計画はないとも発言。買い入れは今後も粛々と実施される見通しだが、独長期債には売りが強まっている。独10年債利回りは0.8%を回復。米長期金利も連れて2.33%付近まで上昇しているが、金利差からはユーロ高・ドル安方向にバイアスがかかっている。ユーロドルは1.1170ドル台まで反発し、ユーロ円は139.17円まで上値を拡大。

  • ユーロ円は一時139.00円 対ドルも持ち直す
    22時08分配信 トレーダーズ・ウェブ
    Facebookにシェア

     ユーロ円は一時139.00円と、昨日高値を超えて1月中旬以来の高値を塗り替えた。会見が続くドラギECB総裁の発言内容に特にサプライズはないが、ユーロドルも1.1079ドルを安値に1.11ドル半ばで切り返すなど上下。

  • イタリア失業率、4月は12.4%に低下 予想超える改善
    20時53分配信 ロイター
    Facebookにシェア

    [ローマ 3日 ロイター] - イタリア国立統計研究所(ISTAT)が3日発表した4月の失業率(改定値、季節調整済み)<ITUNRM=ECI>は12.4%と、前月の12.6%(改定値)から低下した。市場予想の12.8%も下回った。

    4月の新規雇用は約15万9000人と、前月比0.7%増加し、2012年末以来の高水準だった。

    レンツィ首相はツイッターで、政府による労働市場改革が実を結んでいると主張した。

  • 明日の日本株の読み筋=上値の重い展開か、米雇用統計控え様子見続く
    18時13分配信 モーニングスター
    Facebookにシェア

     あす4日の東京株式市場で、主要指数は上値の重い展開か。週末の5月米雇用統計を見極めるまでは様子見気分が続くとの見方が多く、積極的にポジションを傾けにくい。

     3日の日経平均株価は続落し、2万473円(前日比69円安)引け。前日の欧米株安や対ドルでの円安一服から、寄り付きは利益確定売りが先行した。後場は日銀のETF(上場投資信託)買い期待を支えに下げ渋る場面もあったが、円強含み推移が重しとなり、戻りは限定された。

     市場では、「連続上昇後の続落でカラ売りが入りやすいと言えるが、まだ調整を決定付ける水準でもない」(準大手証券)との声が聞かれる。前場に指数が軟化するようだと日銀のETF買い期待が改めて意識され、買い戻しや押し目買いを誘う可能性がある。ただ、「ドイツの10年物国債の利回り上昇など外部要因が不透明で、裁定買い残が積み上がっており、来週のSQ(特別清算指数)算出に向けて短期調整に入るのではないか」(銀行系証券)との読みも出ている。

    提供:モーニングスター社

  • イヴニングストラテジー・3日(増田経済研究所)
    18時31分配信 アイフィス株予報
    Facebookにシェア

    イヴニングストラテジー“難しい反応見せそうなNY株式市場、重きを置くは政策金利も、ギリシャ次第でドル急上昇のリスクも。織り込みきっていない。”

    【一】3日発表の海外経済指標、注目イベント
    (米国、カナダ)
    20時 米国MBA週間住宅ローン申請指数
    20時45分 ECB理事会 政策金利発表
    21時15分 米国5月ADP雇用統計(20.0万人)
    21時30分 ドラギECB総裁 記者会見
    21時30分 米国4月貿易収支(-440億ドル)
    22時45分 米国5月総合PMI・改定値
    22時45分 米国5月サービス業PMI・改定値(56.4)
    23時 米国5月ISM非製造業景況指数(57.0)
    23時30分 米国EIA週間原油在庫(-207.78万バレル)
    4日3時 米国地区連銀経済報告(ベージュブック)
    3時15分 エバンス・シカゴ連銀総裁 講演

    『3日海外市場・CME日経平均先物・夜間取引の展望』
    注目経済指標、イベント⇒米国5月ADP雇用統計(+20.0万人)
    今晩はECB理事会の結果公表、ドラギECB総裁の会見も絡み、さほど目立った反応はないかもしれない。ポイントは、市場予想を下回った時の指数先物と為替。

    要人発言、イベント⇒米国地区連銀経済報告(ベージュブック)
    地域別の景況感、次のFOMCと政策金利引き上げのタイミングを先読みする上で注目度は高い。ECBで乗り切っても、ここで株価に悪影響が出るリスクもゼロではない。

    解説*3日のNYダウは続落、為替のドル高基調を嫌気か。


    上昇、下落いずれの方向性にベットするのは難しい。特に指数絡みのものはなおさらだ。

  • 日経平均69円安と続落、1週間ぶり2万500円割れ、円強含みが重し=3日後場
    15時30分配信 モーニングスター
    Facebookにシェア

    現在値
    味の素 2,544 -45.5
    JT 4,463.5 -69
    飯田GHD 1,906 -128
    塩野義薬 4,450 -80
    エーザイ 7,859 -171
     3日後場の日経平均株価は前日比69円68銭安の2万473円51銭と続落。続落は4月27日以来で、終値での2万500円割れは5月27日(2万472円58銭)以来1週間ぶり。日銀のETF(上場投資信託)買い期待を支えに下げ幅縮小で始まったが、その後は株価指数先物売りに再び軟化。午後2時20分には、2万424円44銭(前日比118円75銭安)まで押し戻される場面があった。対ドルでの円強含みが重しとして意識された。引けにかけて下げ渋ったが、戻りは鈍かった。なお、午後零時41分に、この日の高値となる2万506円35銭(前日比36円84銭安)まで戻していた。

     東証1部の出来高は24億689万株、売買代金は2兆5593億円。騰落銘柄数は値上がり802銘柄、値下がり951銘柄、変わらず132銘柄。

     市場からは「日銀のETF買いを見込んだ買いが売りに回り、指数を抑えた。マクロ系ヘッジファンドの債券先物買い・株価指数先物売りの動きもあったのではないか。連続上昇後の続落でカラ売りが入りやすいと言えるが、まだ調整を決定づける水準でもない」(準大手証券)との声が聞かれた。


     個別では、韓国でのMERS感染者拡大懸念で思惑買い継続のエアーテック <6291> が連日のストップ高。関連銘柄で大幸薬品 <4574> も連騰。野村証券が投資判断「Buy」で新規カバー開始の邦チタ <5727> と大阪チタ <5726> や、子会社の炭化ケイ素連続繊維の量産新工場建設に着手したカーボン <5302> も上昇。ボルテージ <3639> 、Vテク <7717> 、日新 <9066> などの上げも目立った。東証業種別株価指数は全33業種中、18業種が下落した。

    提供:モーニングスター社

  • 〔NY外為〕円、124円台後半(3日朝)
    22時10分配信 時事通信
    Facebookにシェア

     【ニューヨーク時事】3日午前のニューヨーク外国為替市場の円相場は、米雇用関連指標を受けて、1ドル=124円台後半に下落している。午前9時現在124円60~70銭と前日午後5時(124円08~18銭)比52銭の円安・ドル高。
     米民間雇用サービス会社オートマティック・データ・プロセッシング(ADP)が朝方発表した5月の全米報告によると、非農業部門の民間就業者数は前月比20万1000人増と、増加幅は予想外に低調だった前月(16万9000人増)から拡大。また市場予想(ロイター通信調べ)の20万人増を上回った。5月の米雇用統計の発表を5日に控え、堅調な雇用回復継続への期待が広がった。これを受けて円は一段のドル買いに押され、124円台後半にレンジを切り下げた。
     欧州中央銀行(ECB)はこの日、定例理事会を開き、ユーロ圏19カ国の主要政策金利の据え置きを決定し、超低金利政策を継続する方針を示した。ギリシャ債務問題についても協議されたが、新規材料に乏しく市場の反応は限られた。
     ユーロは、同時刻現在1ユーロ=1.1130~1140ドル(前日午後5時は1.1145~1155ドル)、対円では同138円65~75銭(同138円34~44銭)。(了)

  • 今晩のNY株の読み筋=ギリシャ、景気、利上げにらみで神経質な展開か
    18時14分配信 モーニングスター
    Facebookにシェア

     2日の米国株式市場でNYダウは前日比28.43ドル安の1万8011.94ドルと反落した。ギリシャの債務問題をめぐる不透明感が重しとなった。ギリシャのチプラス首相が財政改革の新提案をEU(欧州連合)などに提出したと伝わり、進展期待から一時プラス圏に浮上したが、買いは続かなかった。

     3日は神経質な展開か。ギリシャ情勢が引き続き重しとなるほか、国内でも経済指標の発表を受けて景気と利上げをめぐる思惑が交錯し、方向感が出づらい。

     ギリシャをめぐっては、チプラス首相が3日夜にブリュッセルでEUのユンケル欧州委員長と会談すると伝わっている。事態の進展期待がある一方で、先行き不透明感はぬぐえず、予断を許さない。

     経済指標は、5月ADP(オートマチック・データ・プロセッシング)雇用統計と5月ISM(サプライマネジメント協会)非製造業景況指数がある。市場予想平均は、5月ADP雇用統計が前月比20万人増(前月は同16万9000人増)、5月ISM非製造業景況指数は57.0(前月は57.8、50が景気動向の良し悪しを測る分岐点とされる)。また、午後には米地区連銀経済報告(ベージュブック)が公表される。

     なお、欧州でECB(欧州中央銀行)理事会の結果が発表される。金融政策の変更はないと予想されるが、ドラギECB総裁の会見を受けて欧州市場が動意づけば、米国市場にも波及する可能性はある。

     (日付は現地時間)

    ◎投資関連情報は投資の参考として情報提供のみを目的としたものであり、株式の売買は自己責任に基づき、ご自身で判断をお願いします。

    提供:モーニングスター社

読み込みエラーが発生しました

再読み込み
JASRAC許諾番号:9008249113Y38200 写真:アフロ

(C)Yahoo Japan