ここから本文です

>>2143

財務状況はペプチドに軍配が上がります。いろいろな角度から分析できますが有利子負債0円に対して、そーせいは98億円(金融費用6.3億円)などなど。直近の決算短信に記載された財務諸表を確認するだけでペプチドが東証1部に上場している意味が分かります。(キャッシュフォロー表や営業利益率の成長性等も含む)是非、決算短信でご確認してみては。

また最新会社情報では外人持株比率、ペプチド23.7%、そーせい15.1%。外人投資家もペプチドを投資対象として評価してます(そーせいはまだそこまで至らず)

話は少しそれますが、そーせいは空売りしている外人投資家がいます、しかしペプチドには空売りしている外人投資家は0株です。(信用取引で空売りしているかもしれませんけど、外人投資家は信用取引は殆ど利用しない)

そーせいも外人投資家の空売りが消えるころには、みなさんが思い描く株価になっているかもしれません。(決して株価が下落してと云う意味ではなく)