ここから本文です

オプジーボが進行・再発食道がんの生存期間を延長 2019.01.09  「オンコロ」

1月9日、小野製薬工業株式会社は、ニボルマブ(オプジーボ)について、フルオロピリミジン系薬剤およびプラチナ系薬剤を含む併用療法に不応または不耐となった切除不能な進行、または再発食道がん患者を対象に小野製薬工業およびブリストル・マイヤーズスクイブ社が実施した多施設国際共同無作為化非盲検第III相臨床試験(ATTRACTION-3試験:ONO-4538-24/CA209-473)の最終解析において、オプジーボ群が化学療法群(ドセタキセルまたはパクリタキセル)と比較して、主要評価項目である全生存期間(OS)の有意な延長を 示したことを発表した。
オプジーボは、切除不能な進行または再発食道がんにおいて、PD-L1発現を問わない集団全体においてOSの有意な延長を示した世界で初めての免疫チェックポイント阻害薬となる。本試験結果の詳細は、後日、関連学会で発表予定である。

OTSとしては、「がん特異的ペプチドワクチン S-588410 第Ⅲ相臨床試験」を塩野義製薬に導出して実施しているが、また一つライバルが増え、発表段階で先を越されることになる。しかも、今度は「進行・再発食道がん」と塩野義製薬・OTSが開発している「S-588410」。
昨年、本庶 佑教授がノーベル生理学・医学賞を受賞して以来、がん免疫薬・免疫チェックポイント阻害剤に世界が注目してきている。開発競争も今後とも激化してくるだろう。
OTSは、今後どのがんペプチドワクチン・抗体医薬・低分子医薬に照準を当て、競争していくか判断を迫られるだろうね。
「オプジーボでは薬効を出せないがん患者」もいるので、その人たちへのアプローチが重要になってくるだろうけど・・・