IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

現在のがん治療の標準治療は、同じがんでも病理組織から見た悪性度やリンパ節転移などからステージを決めて治療法を決めている(今までの技術や治療法では仕方がないので、いわば、あてもん的)のだと思いますが、これからは、がんという多様性に富んだ組織の素顔を遺伝子解析により明らかにして有効な治療法を選択するようになるはずです。
その意味では、CPM社を作ったことや韓国の遺伝子解析会社などと提携していることや先日の欧州での学会発表での解析技術などは注目に値すると【私】は思います。