ここから本文です

今年のノーベル生理学・医学賞に選ばれた京都大特別教授の本庶佑ほんじょたすくさん(76)は2日、ノーベル賞の賞金やがん治療薬の特許使用料を研究者の後進育成に充てる考えを示した。大学の既存の基金や創設する基金を通じて寄付することなどを検討しているとみられる

株主に400億円以上も大損させているここの教授とは大違い
なんせ、自分のブログでも広告宣伝料を稼いでるからなー