ここから本文です

『私の人生の目標は、「今は治せないがんを治す薬を生み出す」ことにある。もちろん、会社も同じ目標であってほしいと願っている。患者さんの笑顔を取り戻す結果を残さなければ、私の人生は無に帰すといっても過言ではないし、会社はそれができなければ、その先はない。見たことのない、行ったことのない世界への冒険の旅である。
その成果が日本の誇りにつながれば、なお幸いである。
オンコセラピー社は、私の医師としての、がん患者の息子としてのがんに対する敗北をバネに、日本の誇りをかけて、そして、患者さんとその家族の希望と期待を担ってきた会社である。ゆめゆめ、それを忘れないで欲しい』

出典
オンコセラピー社に託した夢  中村祐輔のシカゴ便り