ここから本文です

血液癌、CARーT 細胞療法、副作用のコントロールがむずかしいようだが、凄い効き目のよう。
武田、小野、第一三共など、進出しているよう。
血液癌に有望といわれていた分子標的薬、どうなっていくのでしょう。
167は、Ⅰ相の結果をまたなければしかたがないのですが、過度な期待は、危険かも。