ここから本文です

抗体、低分子期待で、ここを買って見たが、時代は進む、抗体医薬の時代はもう過ぎ去るよう。
癌はキナーゼに対しても姿を変え、キナーゼだけではだめ、どこかでこのような文を読んだ、創薬となると、それそうおうの工夫がいるよう、ネズミの実験即臨床が印象のオンコでは、167も心配、NCIが前臨床 良好となっての臨床試験開始にでもなれば、964は期待しても良いかなと。
新会社の大量遺伝子解析優れたものであれば良いのだが、いつまでもTCR解析とさわいでいても、技術は進歩している。
ネオアンチゲン、どうなっていくか、ゲノム医療の中核になってくれればよいが。
時間もかかれば、金もかかる。新会社のゲノム医療と塩野義のワクチンで食いつないでいけるようにでもなれば。