ここから本文です

塩野義の説明資料では、医薬品は、抗体、低分子から、中分子の特殊ペプチドに。
T細胞を活性化させる方法は、キメラ抗原のように、人工のT細胞受容体や、iPSーTの研究も。
時は移ろっていくような。
一方では、薬事承認はされていないが、まだ生きている丸山ワクチン。
ここはどうなるのだろう。成否はわからないが、その先を見た研究が見えてこないような。