ここから本文です

固有の遺伝子変異、ネオアンチゲンを、T細胞受容体に導入する中村教授の研究、ペプチドワクチンの理屈から考えれば、ネオアンチゲンワクチンでも、T細胞は、遺伝子変異を認識して、癌を攻撃するはず、どのような違いがあるのだろう。
今回の東大の特許、T細胞受容体を元のまま、IPSーTを再生、量産できるよう。
中村教授、ブライトパスとの共同研究を提案したらどうだろう、ブライトパスには、ペプチドワクチンを追究している久留米大学の先生や、IPSーTを研究している、東大の先生がついている、ネオアンチゲンの研究もしている。
中村教授、いろいろな、他の研究の真似事だけの印象、こころもとない。