ここから本文です

中村くんは今頃こんなん言うとるけど↓せやから、「あなたの体が心配なので、おとなしく死んでください」っていう医療はおかしいて、俺が一年も前から言うとることやん。今頃こんな気持ちになるとか遅すぎやわ。ホンマに癌患者当事者の気持ちになっとるんか?

ブログで言うて達成した気持ちになってまうタイプやろから、またすぐ忘れてまうんやろけどな。あの調子やとNCLを本格的に疑い始めるのももっと後やろから、まだまだかかりそうやな。
ホンマは弟子とか株主も、「先生」とか持ち上げんで、逆にビンタしてやらなあかんねんぞ。


>その臨床的有効性については疑問の余地はないと私は考えるが、日本のメディアなら、「副作用が問題だ」と騒ぐかもしれない。彼らの座右の銘は、「副作用は危険だ。座して死を待て」なのだろう。患者さんや家族の気持ちに寄り添っているつもりなのだろうが、がんを克服するには、何が必要かを全く理解していない。