IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

参考程度

▪️タカラバイオ は今月19日から、変異株の2種類の変異(N501Y、E484K)を同時に検出可能なPCR試薬(研究用試薬)を販売する。同時に行うことで、1時間以内で迅速・簡便に検出できるようになったという。従来は、2度行う必要があったが、今回の改良により時間短縮につながった。同社は、これまでもPCR検査関連製品の安定供給に取り組んできており、これを業績にも反映させている。また、★アンジェス [東証M]、大阪大学などのグループとともに開発を進める新型コロナワクチンへの期待も大きく、“日の丸ワクチン”誕生が待望さ れるなか、その動向にも注目が集まっている。株価は2月15日に3340円まで買われ年初来高値を更新したものの、その後は調整局面入り。現在は2800円近辺で下値模索の状況にある。