IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

「腕がガチョウの卵ほどに腫れた」ファイザー・モデルナのワクチン、副作用警告

サイエンスによると、マサチューセッツ工科大学(MIT)で計算生物学を学んだルーク・ハチソン氏(43)は、モデルナのワクチン実験に志願したが、痛みと高熱に苦しめられた。2回目の注射の後、腕が「ガチョウの卵」ほどに腫れ、筋肉痛と38.9度の高熱に苦しめられた。症状は半日過ぎてから落ち着いた。ハチソン氏がプラセボを接種したのか、ワクチンを接種したのかについては明らかにされていないが、ハチソン氏はこれに関係なく「深刻さについて誰も教えてくれなかった」という点を批判した。ハチソン氏はサイエンスに「一部の人々は、反応原性(reactogenicity)によって、一時的でも強い副作用に直面する可能性があるため、よく備えなければならない」と主張した。

怖すぎるやん(笑)安全第一やでアンジェス頼むでな