ここから本文です

>>881

じわり、じわりです。
 肝細胞増殖因子の作用によって血管新生、遺伝子治療薬は特効を求めれば、副作用との闘い、いくら効果があっても、その次にいくら少なくとも死人が出ればバツなのです。現実にその例があっているからです。
 つまり、安全性との闘いです。遺伝子治療薬は。まず安全性あってのことです。
コラテジェンの世界はこれとの闘いでの今です。世間の意識もそうですから。いわゆる遺伝子治療薬への国民意識の中での莫たる不安です。まさにこの意識の払拭の十数年間であったかもしれません。
 コラテジェンは、遺伝子治療薬の世界でどのように戦ってきたかです。