ここから本文です

リーディング証券、三田証券のMSワラントの増資で凌いでい来た過去
から考えれば、ブラックロックの登場はアンジェスにとって『地獄に仏』。

1億株を超す発行株数で、薬価収載・上市(販売)と首尾よく事が運んだ
ところで、短期筋に翻弄されての株価は新薬承認時の1350まで、上手く
行っても2000期待の1500で失速かと・・・?!(汗)


ブラックロックの登場は、安定大株主として需給改善、信頼の回復とアンジェスに
とって、良いことづくめの成果となったのでは。

デイトレが許されない、世界の白いクジラさんですから、たとえ薬価収載延期
でも逃げられないこの状況に買いを入れて来たとすれば、凡人には見えない
大きな可能性が、アンジェスの未来にあるかも知れませんね?!

目先の小さな恐怖と、未来に拡がる大きな夢との葛藤に、しばらく悩まされそうですね。