ここから本文です

日本初の条件付き期限付き承認を得たテルモのハートシート
 ハートシートは、患者さんの大腿部から採取した筋肉組織に含まれる骨格筋芽細胞を培養してシート状に調製し、患者さんの心臓表面に移植する製品で、虚血性心疾患による重症心不全の治療を目的としています。
ハートシートは、NEDO※2のプロジェクトで大阪大学大学院医学系研究科 心臓血管外科 澤芳樹教授が開発を進め、臨床研究が実施されてきました。

ところが、iPS心筋シートで話題の澤教授、違う所でのお話
帰国後は重症心不全の遺伝子治療の研究を始めました。細胞増殖因子のプラスミドを心臓に導入する方法を確立し、臨床試験も目指したのですが、諸事情から試験は中止。筋芽細胞を心臓に注入する方法にも挑戦しましたが、細胞が生着せず、成果は上がりませんでした。当時は(私の研究ではありませんが)有名誌に掲載された論文に捏造疑惑があがるなど、再生医療研究を取り巻く環境は厳しさを増していました。

さて、直接注射しても効果の無かった筋芽細胞、シートにして引っ付けただけのハートシートに効果があるのでしょうか?効果が十分で無かったからiPS心筋シートに宗旨替えしたのですよね、澤教授。