IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

【薬事日報】
3Hクリニカルトライアル実施の意識調査
    約8割が治験参加を希望‐国産コロナワクチンに期待感!!

国産の新型コロナウイルス感染症ワクチンの治験に参加を希望する人が約8割に上ったことが、3Hクリニカルトライアルが実施した意識調査で明らかになった。その理由については、ファイザー、モデルナ、アストラゼネカといった「外国産のワクチンだけでなく、国産のワクチンが必要」との声が圧倒的に多く、国産ワクチンへの期待と治験への協力姿勢を強く表す結果となった。

調査は、8月に同社が運営する治験情報サイトで実施し、全国4967人から回答を得たもの。その結果、国産の新型コロナウイルス感染症ワクチンの治験について、「ぜひ参加したい」との回答が50.0%と半数を占め、「参加したい」の29.4%を含めると合計79.4%と約8割が参加意向を示していることが明らかになった。
・……………………………………………………………………………………………・
●こうしたアンケート結果を見てもわかりますが、国産ワクチンの接種を望みながらも、開発が遅れていることからファイザーやモデルナのワクチン接種をした人も相当数いると思います。
この秋に、厚生労働省およびPMDAサイドから、ワクチンの最終治験に当たる非劣性試験の実施要領が示されると思います。アンジェスもワクチン投与の用量を増やす高用量の臨床試験を進め、安全性や有効性について先行している海外ワクチンと比較しても遜色のない結果を出し、提示される非劣性試験の実施要領にチャレンジし、安全で有効性のあるワクチン開発を進めてもらいたいと思います。
ワクチンの新たな国際承認基準となる非劣性試験をクリアできれば、国内での接種のみならず、ワクチンを必要とする国々にも、国際貢献の一環として供与することが出来るのです。