IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

岸田総理大臣:臨時国会で、初めてとなる所信表明演説!!

<新型コロナ対策のについての所信表明演説の要旨>

第205回国会の開会にあたり、新型コロナウイルスにより亡くなられた方々、そして、御家族の皆様方に心よりお悔やみを申し上げるとともに、厳しい闘病生活を送っておられる方々に心よりお見舞いを申し上げます。

新型コロナとの闘いは続いています。第一の政策は新型コロナ対応です。足下では、感染者数は落ち着きを見せ、緊急事態宣言は全面的に解除されました。
菅前総理の大号令の下、他国に類を見ない速度でワクチン接種が進み、この闘いに勝つための大きな一歩を踏み出せました。前総理の御尽力に、心より敬意を表します。

しかし、楽観視はできません。危機対応の要諦は、常に最悪の事態を想定することです。感染が落ち着いている今こそ、様々な事態を想定し、徹底的に安心確保に取り組みます。与えられた権限を最大限活用し、病床と医療人材の確保、在宅療養者に対する対策を徹底します。希望する全ての方への二回のワクチン接種を進め、さらに、三回目のワクチン接種も行えるよう、しっかりと準備をしていきます。

これらの安心確保の取組の全体像を、早急に国民にお示しするよう関係大臣に指示しました。国民の皆さんが先を見通せるよう、丁寧に説明してまいります。
同時に、これまでの対応を徹底的に分析し、何が危機管理のボトルネックだったのかを検証します。そして、司令塔機能の強化や人流抑制、医療資源確保のための法改正、国産ワクチンや治療薬の開発など、危機管理を抜本的に強化します。
・……………………………………………………………………………………………・
●解散・総選挙について、岸田総理は今の臨時国会の会期末の今月14日に衆議院を解散し、19日公示、31日投開票の日程で選挙を行う意向です。
政権公約には、所信表明したコロナ対策の骨格である「これまでの新型コロナ対応を徹底的に分析し、何が危機管理のボトルネックだったのかを検証し、司令塔機能の強化や人流抑制、医療資源確保のための法改正、国産ワクチンや治療薬の開発など、危機管理を抜本的に強化する」を高市政務調査会長に盛り込むよう指示し、選挙以降の内閣で、確実に実行に当たって貰いたいと思います。

  • >>1547

    力強いですな。
    衆参選挙も有り、国産ワクチン待ったなし。表舞台にでましたね。
    高市氏も国産ワクチン推進急先鋒。
    アンジェスは強化1・2相での成果により、安倍疑惑なんぞは
    吹っ飛びます。
    現在までの治験成果は官邸・関係3役・関係大臣には
    報告されてますよ。
    ジェスジェスアンジェスなり。

    > <新型コロナ対策のについての所信表明演説の要旨>

    > 新型コロナとの闘いは続いています。第一の政策は新型コロナ対応です。足下では、感染者数は落ち着きを見せ、緊急事態宣言は全面的に解除されました。
    > 菅前総理の大号令の下、他国に類を見ない速度でワクチン接種が進み、この闘いに勝つための大きな一歩を踏み出せました。前総理の御尽力に、心より敬意を表します。
    >
    > しかし、楽観視はできません。危機対応の要諦は、常に最悪の事態を想定することです。感染が落ち着いている今こそ、様々な事態を想定し、徹底的に安心確保に取り組みます。与えられた権限を最大限活用し、
    > これらの安心確保の取組の全体像を、早急に国民にお示しするよう関係大臣に指示しました。国民の皆さんが先を見通せるよう、丁寧に説明してまいります。
    > 同時に、これまでの対応を徹底的に分析し、何が危機管理のボトルネックだったのかを検証します。そして、司令塔機能の強化や人流抑制、医療資源確保のための法改正、国産ワクチンや治療薬の開発など、危機管理を抜本的に強化します。
    > 危機管理を抜本的に強化する」を高市政務調査会長に盛り込むよう指示し、選挙以降の内閣で、確実に実行に当たって貰いたいと思います。