IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

「RXV」氏のコメント。

「ワクチンの中で最も危険だと言われているDNAワクチンですからねえ」と。

この、コメントは「RXV」氏自身の見解ではなく、どなたかが言っていることを伝聞として伝えた形のコメントです。けれども、世界保健機関(WHO)は、昨年8月に生物学的標準化に関する専門家委員会の審議を経て、「プラスミドDNAワクチンの品質、安全性、有効性を保証するためのガイドライン」の改訂案を採択しています。DNAワクチンの安全性が記述されている、ガイドラインの一部を紹介しておきます。
・……………………………………………………………………………………………1990年代以降、さまざまな標的抗原および疾患に対するワクチン接種への新しいアプローチが開発されてきました。
この技術は、免疫応答が求められる免疫原をコードする遺伝子を含むプラスミドデオキシリボ核酸(DNA)を、標的免疫原のその場での産生のためにワクチン接種者に直接導入することを含む。これらは、プラスミドDNAワクチンまたはDNAワクチンと呼ばれます。

このアプローチは、B細胞応答とT細胞応答の両方の刺激、広い温度範囲でのワクチンの安定性、免疫原自体の感染性の欠如、ワクチンの構築速度など、潜在的な利点の組み合わせを提供します。

異なる地域の異なる施設で同じDNAワクチンを製造して、定期予防接種や発生状況でのワクチンの入手可能性と入手可能性を促進し、ワクチンのより安定した供給を確保することが可能かもしれません。さらに、プラスミドDNAは他の一般的なワクチンよりも安定している可能性があるため、製剤によっては、コールドチェーンがなくても効率的に保存および送達できます。

DNAワクチンは、ワクチン接種者のDNAに対して、抗ベクター免疫もオフターゲット獲得免疫も生成しません。DNAワクチンは感染性を示すようには設計されておらず、標的となる感染性病原体はワクチンの製造や製造に使用されていません。

プラスミドDNAの染色体への組み込みは、初期の主要な理論的懸念でしたが、大体において、データはこの懸念が裏付けられていないことを裏付けています。
したがって、DNAワクチンは、遺伝子挿入が容易にできるプラットフォーム技術と見なすことができます。
多くの科学出版物は、DNAワクチン接種の可能性を扱っています。