IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

>>291

アンジェス、子会社のゲノム編集技術で「エメンドの主なイノベーションは、片方のアレル(=対立遺伝子)だけを編集できる能力」と説明し、「片方のアレルの異常だけをターゲットとして、より多くの遺伝性疾患を安全性を損なうことなく治療できるようになる」。今後考えられる適応症としてはがん、神経系、眼科、皮膚科、免疫疾患、血液系、循環器系、治療法のない常染色体顕性遺伝子疾患、厳密な発現調節を要する遺伝子疾患――など多岐にわたる...