ここから本文です

洗脳というのは、文字通り、脳を洗い真っ白になったところに、
新たな思想を植え付けて改造するもの。

さらに詳しく説明していくと、オウム含めたカルト教団が使っているマインドコントロールはこのような手順。
(1)アプローチ
(2)引き込み
(3)アイデンティティ解体
(4)新思想の維持・強化

2の時点ではまだ引き返すことができるが、
3までくると自分の力で引き返すことはできず、
4までいくと、何年、何十年たっても洗脳は解けないそうです。

信者の菊地直子氏や高橋克也氏がこれにあたりますね。

簡単に説明していきます。

1.アプローチ

これは信者の勧誘で書籍、イベント、占い、ヨガなどで、異性が親しげに誘い込む手法。

この段階では宗教団体の名前は一切出さずに、
とにかく興味をひかせてその場に来させることが目的。

ここではサクラを使ったりして、その集団に連れてこられた人は仲間扱いされ、褒められ、気分がよくなり、 その集会が好きになり、親近感を抱くようになります。

2.引き込み

これはビデオ学習や修行体験を行う。

この段階ではなぜ、修行が必要なのかは言わずに、
とにかく修行して見ればわかると言って修行体験をしてみたくさせる、

「悩みがなくなる、疲れがすっきりとれる、ポジティブになる、見ている景色が変わる」などという言葉で誘い出す。

そして、修行をすることによって肉体を通して刷り込みが行われる。

人は体で覚えらことは無意識で記憶される。

さらに何かと理由をつけて、このことは誰にも言わないように!と言って誰かに相談する機会を奪う。

3.アイデンティティ解体

刷り込みをさらに強くするために、日常生活を奪います。

人里離れた施設に何日間、何か月間、連れて行かれて、
24時間徹底的に瞑想や修行が行われます。

さらに、断食、睡眠時間短縮を強要され、生理的剥奪状態に追い込まれます。

この極限状態の中で、脳は自分で考える力を失い、カルトの思考に染まっていきます。

(4)新思想の維持・強化

3までで洗脳されており、今度は自分が信者を誘うようになります。

ここでは自分の言葉で新たな信者を誘うことになる

ttp://oumusinrikyoujiken.blog.so-net.ne.jp/2015-01-11