IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

>>638

JCRファーマ <4552> が続伸し、一時374円高の3165円を付けている。9月30日引け後、22年3月期の連結業績予想の上方修正および、武田薬品工業(武田薬) <4502> とハンター症候群に対する次世代治療薬の共同開発と事業化に向け、契約を締結したと発表、材料視された。

 22年3月期業績予想では、売上高を490億円から520億円(前期比72.8%増)に、営業利益を187億円から217億円(同2.6倍)に引き上げた。契約金収入が、期首に予想していた72億円を上回る見通しとなったことを織り込んだ。

 武田薬とは、抗ヒトトランスフェリン受容体抗体とイズロン酸-2-スルファターゼの融合蛋白質で、ハンター症候群(ムコ多糖症2型、MPS2)の治療薬として現在開発中の、次世代組換え融合タンパク質「JR-141」の特定地域における独占的な共同開発およびライセンス契約を締結した。

 午後2時3分時点の株価は、前日比354円高の3145円。

提供:モーニングスター社