IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

>>619

日本薬剤師会の『小林化工と根を同じくする違反行為』の断罪文面凄いですね。
正式文書凄いですね。
正式文面有難う御座います。
田村が、記者会見で『小林化工とは全く違う』との虚偽の流布を蛮行していた事が立証できて良かったです。
次、医療行為そのものへの信頼を損なうと有るので
日本医師会
日本歯科医師会
の三師会の文面が手に入られた時も、ヨロシクお願い致します!!

  • >>652

    私はある期間製薬会社の株を持ってます(先発メーカー中心)。過去のことですが、薬に関して製薬メーカーが不祥事を起こしても、日本医師会の会長名で個別の製薬メーカーの不祥事に関して正式文書は出して無いと思います。勿論どこかの医大や大病院がが関与した不正は別ですが。

    ただ社会的にも大問題になったミドリ十字の不正問題の時は相当前なので記憶が無いですが。

    今回の日医工問題は報道が大きいので、日本医師会会長からジェネリック協会会長へは正式文書は出るかもしれないですが。今回日本ジェネリック協会から日医工に対して懲罰が出るのは間違いないです。ただ除名にはならないと見てます。

    下記のは2010年5月の記事です。当時のジェネリック大手の大洋薬品工業の不祥事に関して、日本医師会会長がある会合で挨拶し、苦言を呈したことはありますが。ところで大洋薬品工業は偶然ですが、最近日医工が買収をして日医工岐阜工場となってます。

    日本医師会の高杉敬久常任理事(原中勝征会長あいさつ代読)と日本医師会の児玉孝会長は5月20日、日本ジェネリック製薬協会(GE薬協)総会後の懇親会で行った来賓あいさつで、品質データ差し替えにより規格外医薬品を出荷した大洋薬品工業の不祥事に触れ、苦言を呈した。

    GE薬協の澤井弘行会長(沢井製薬会長)はあいさつで、不祥事に触れ「コンプライアンスに全力を投球している」と説明した。その後あいさつに立った日医の高杉氏は、原中会長のあいさつ文を代読し、「後発品の品質に不安を抱かせる不祥事が起きた」とし、医師による処方の前提となる医薬品の信頼性を揺るがし「誠に遺憾」とした。品質はもとより、情報提供、安定供給の徹底を求めた。

    日薬の児玉会長も同様に品質への信頼が損なわれたことを指摘し、「非常に残念」と話した。薬局でも「大変ストレートなクレームを言われた」という。それは、後発品普及のPRが行き渡っているゆえでもあるとして、「これを機会に患者、国民に理解できる供給体制にしなければならない」と述べた。