IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

>>905

ミクスオンラインの記事にもありますが、重要なのはコストシナジーです。
特に注目すべきは引き継いだ480品目のうち、290品目が日医工のもともとの製品と重複しているということです。
この重複した製品の生産体制を統一化・効率化することによるコスト削減効果は武田テバと日医工が別々にビジネスを行っている限りは実現し得ないわけで、武田テバが単独で利益を出せないから買収しても利益が出ない、というのは違います。
むしろ、買収により明らかにコストを削減できるわけで、その買収評価さえ間違えなければ非常においしい案件ですね。