ここから本文です

2045円のターゲットプライスは、一旦株価を上昇させる責をSMBCに負わせることで、既存株主に売りの機会を提供したのではないでしょうか。
この後は、SMBCは損失を8%の利ザヤで回収する必要があるのでしょう。
下限値近い今は、逆に買いの機会を個人に提供してくれているのかもしれません。

SMBC がゼニゲバであるかのように720で書いてしまいました。すみません。
補足。