ここから本文です

薬価改定の重しが取り払われたといっても今後は正規の改定での下げ圧力にさらされるのですから、
残念ですが青天井な暴騰は想定し辛いですね。今の上りも中期では「戻し」の範囲内に収束すると思ふ。
頼みは世界販売で入ってくる特許料ですが、モルガンの予想では2020年で500億ほど。今の小野には小さな
額じゃないけど、なんか微妙。

夢がないね。これまでのガン治療のプロセスを修正して、初期ステージから投与するくらいの状態に
ならないかなぁ。こうなればそりゃ5倍、10倍も夢じゃなくなるw