IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

>>1036

論外ですね、Eテレの内容から見ても現時点では大半がフェーズⅣの患者を対象に行っており、患者数も投与数も、昨日の放送では全く把握されていないのは明らかです。にも拘わらず極論に終始していました。1兆7500億とか、2兆円(別の東大教授)とかいう数字は何を基準にしたものか(将来的であれば理解しますが)、いたずらに今世紀最大の創薬を貶めて何が楽しいのか、とても不快になりました。この薬は発展途上にあり、Eテレで、九州大の先生他、臨床の現場にいる全ての先生が、言われたように使用の範囲は無限大に広がる可能性を否定されませんでした。公共の放送でこのような番組を構成するなら、最低でも現場の医師を配するべきです。内容を知らない大半の視聴者を相手に、興味本位の番組を作ることは不愉快千万であります。反町も、にわか作りのブリーフィングでは、殆ど内容を把握していないように見受けられました、この番組はテーマが多岐にわたりすぎて、反町一人に手に負えないケースが往々にしてあります。その人にどういう司会進行を期待するのですか。実に次元の低い内容であったと思います。コメンテーターは3人共、その任にあらずです。