ここから本文です

【情報提供:ブリストル・マイヤーズスクイブとブルーバードバイオは、再発および難治性多発性骨髄腫におけるIde-celの第2相KarMMa試験の主要なトップライン結果を発表】

★引用:2019年12月6日金曜日午後4時16分(EST)BMS社プレスリリース
⇒ ttps://www.bms.com/media/press-releases.html

①研究は主要エンドポイントと主要な副次エンドポイントを満たし、重度の前治療を受けた多発性骨髄腫患者集団で深く持続的な反応を実証しました。
②安全性の結果は、CRB-401試験で提示されたデータと一致しています。

ニュージャージー州プリンストン、マサチューセッツ州ケンブリッジ-(BUSINESS WIRE)-(ビジネスワイヤ)-ブリストル・マイヤーズスクイブカンパニー(NYSE:BMY)およびブルーバードバイオ社(ナスダック:ブルー)は本日、重要なKarMMaからのトップライン結果を発表しました。非盲検、単群、多施設、イデカブタジーンヴィクロイセルの第2相試験(ide-cel; bb2121)。再発性および難治性の多発性骨髄腫患者を対象とした企業の主要なBCMA標的キメラ抗原受容体(CAR)T細胞療法候補の有効性と安全性を評価したKarMMaは、主要エンドポイントおよび主要な副次エンドポイントを満たしました。

KarMMaは140人の患者を登録し、そのうち128人の患者は150-450 x 106 CAR + T細胞の目標用量レベルでide-celで治療されました。すべての治療患者は、免疫調節(IMiD)剤、プロテアソーム阻害剤(PI)および抗CD38抗体を含む少なくとも3つの以前の治療法にさらされ、最後のレジメンには抵抗性でした。患者の94%が抗CD38抗体に不応性で、84%がトリプル不応性(IMiD剤、PIおよび抗CD38抗体に不応性)でした。(以下省略)

【コメント】【Google翻訳のまま】にて、URLにて原文の全文をご確認下さい。投資は自己責任で。
小野薬品のご本尊、BMS社は、再発および難治性多発性骨髄腫に、いよいよCAR-T治療法に一石を投じたか。12月9日の相場が面白く、期待されます。

4528 - 小野薬品工業(株) 【情報提供:ブリストル・マイヤーズスクイブとブルーバードバイオは、再発および難治性多発性骨髄腫におけ