ここから本文です

来週のネタはこれですね

(ブルームバーグ): 三菱商事は20日、シンガポール子会社のデリバティブ取引で約3億2000万ドル(約345億円)の損失が発生する見込みだと発表した。シンガポールで原油・石油製品の取引を行う子会社の現地社員が、社内規定に違反する取引を行ったことによるもので、7月以降の原油価格下落で損失が拡大した。
  この社員は1月以降デリバティブ取引を繰り返しており、リスク管理システム上のデータを変更し、中国の顧客向けの原油取引に関連したヘッジ取引であるかのように装い発生した損失が社内で認識されなくなるようにしていたという。8月中旬に同社員が欠勤し、担当していた取引を精査したころ不正が判明した。
  同社はこの取引を行った現地社員を9月18日付で解雇し、19日付でシンガポールで刑事告訴した。今期(2020年3月期)の業績予想に与える影響については精査中で、見直しが必要になった場合には速やかに発表するとしている。