ここから本文です

【再掲の情報提供:CD30陽性再発性難治性原発性縦隔大細胞型B細胞リンパ腫患者に対するオプジーボ+アドセトリス、客観的奏効率73%を示す/欧州血液学会(EHA)より】

★引用:2019.07.11 オンコロニュース
⇒ ttps://oncolo.jp/news/190711y01

【ポイント】
・D30陽性再発性難治性原発性縦隔大細胞型B細胞リンパ腫患者が対象の第2相試験
・オプジーボ+アドセトリス併用療法の有効性・安全性を検証
・忍容性に問題はなく、客観的奏効率73%を示した

2019年6月13日から16日までオランダ・アムステルダムで開催された欧州血液学会(EHA)にて、CD30陽性再発性難治性原発性縦隔大細胞型B細胞リンパ腫(PMBL)患者に対する抗PD-1抗体薬であるオプジーボ+抗CD30抗体薬であるアドセトリス併用療法の有効性、安全性を検証した第2相のCheckMate 436試験の結果がUniversity of BolognaのPier Luigi Zinzani氏らにより公表された。

CheckMate 436試験とは、CD30陽性再発性難治性原発性縦隔大細胞型B細胞リンパ腫(PMBL)患者に対して3週を1サイクルとしてオプジーボ240mg+アドセトリス1.8mg/kg併用療法を投与し、主要評価項目として客観的奏効率(ORR)、副次評価項目として無増悪生存期間(PFS)、全生存期間(OS)などを検証した国際多施設共同オープンラベル第2相試験である。本試験の結果は、主要評価項目である客観的奏効率(ORR)は73%(95%信頼区間:54%-88%)、完全奏効率(CR)37%(N=11人)を示した。

【コメント】
今回は欧州血液学会ですが、2019.02.15のオンコロニュースによれば、第60回米国血液学会で、再発難治性縦隔原発大細胞型B細胞性リンパ腫患者に対するアドセトリス+オプジーボ、客観的奏効率70%を示した。
【ポイント】
・再発難治性縦隔原発大細胞型B細胞性リンパ腫(PMBL)に対する知見
・アドセトリスにオプジーボ上乗せする併用療法の第2相試験
・客観的奏効率70%、うち完全奏効率27%と良好

欧州・米国双方の血液学会の発表は、再発性難治性原発性縦隔大細胞型B細胞リンパ腫の治療薬として実用化が期待されます。