ここから本文です

【関連の情報提供:ノバルティス 1億円超す難病治療薬 健保財政圧迫の懸念 】

★引用:2019/7/15付日本経済新聞 朝刊
⇒ ttps://www.nikkei.com/nkd/company/article/?DisplayType=1&n_cid=DSMMAA13&ng=DGKKZO47360380V10C19A7MM8000&scode=4528&ba=1

1億円を超える超高額薬が年内にも登場する。スイスのノバルティスが米国で2億円超で発売し、日本でも製造販売を申請している乳幼児の難病治療薬「ゾルゲンスマ」を厚生労働省が承認する見通しとなった。白血病治療薬「キムリア」の公定価格(薬価)が5月、過去最高の3349万円に決まり注目された。相次ぐ高額薬の登場は、日本の医療保険財政を揺さぶる可能性がある。(以下有料会員)

【コメント】
>1027と同じです。