IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

業種別薬品TOP なかでも小野の上昇率が高い。
押し過ぎが評価されたのか。
今日夕方発表の信用取り組みは依然として買残が減らない状況が続くだろう。
ナンピンの時期は過ぎたようだし(次あるとすれば18前半だが)、空売りも入りづらい。静観が適当。