ここから本文です

BMSの方が交渉前面に出るか、協調してもらった方が良いのではないでしょうか? ヤーボイの開発でアリソン教授とも契約があるはず。オプジーボの方がキイトルーダも含めて貢献は、かなり大きいでしょう。オプジーボだけ見ると開発を含めて非常に厳しい状況になって来ています。キイトルーダや他の抗PD-L1薬も含めて考える必要はないでしょうか? たくさんの製薬企業が絡むように本庶教授も含めて特許をきちんと明確にされるべきではないでしょうか? 小野薬品、BMS,本庶教授に対しても、支払いを求めるべきだと思います。