ここから本文です

【情報提供:2度のピンチ、早石氏との縁で乗り切る  小野薬品・相良社長  紆余曲折あったオプジーボ創薬 】

★引用:2019/3/19 22:53  日刊薬業
⇒ ttps://nk.jiho.jp/article/140553

小野薬品工業の相良暁社長は19日、東京都内で開催されているCPhIjapanで講演し、抗PD-1抗体「オプジーボ」ががん治療の標準治療の地位を確保するまでの同社での紆余曲折あった奮闘ぶりを紹介した。 オプジーボの誕生前、小野薬品は新薬の開発に立て続けに失敗し、12年間にわたって自社創製品を発売できず、長期収載品比率は90%超というピンチの状態にあったという。そこに業績をV字回復させることになるオ ...続き (以下有料会員)

【コメント】
相良経営陣、本庶博士の嫌がらせを払しょくすることです。