ここから本文です

【情報提供:戦略的提携先BMS社プレスリリース/AUGUSTUSは急性冠症候群および/または経皮的冠動脈インターベンションを受けている非弁膜症性心房細動患者におけるEliquis®とビタミンK拮抗薬の好ましい安全性の結果を示しています】【Google翻訳のまま】

★引用:
2019年3月17日日曜日11:45 am EDT 戦略的提携先BMS社プレスリリース
⇒ ttps://www.bms.com/media/press-releases.html

AUGUSTUSは、抗凝固療法と抗血小板療法の両方を必要とするこのハイリスク患者集団における最大の試験です。

PRINCETON、NJ、およびニューヨーク - (BUSINESS WIRE) - (ビジネスワイヤ) - Bristol-MyersSquibb-Pfizer Allianceは、非弁膜症性心房細動患者におけるEliquis®(アピキサバン)とビタミンKantagonist(VKA)の第4相試験の結果を発表しました。 NVAF)および最近の急性冠症候群(ACS)および/または経皮的冠動脈インターベンション(PCI)を受けている。結果は、アスピリンの有無にかかわらず(抗血小板療法)P2Y 12阻害剤を投与された患者では、6か月で主要または臨床的に重要ではない(CRNM)出血の患者の割合がVKAで治療された患者と比較してEliquisで治療された患者より有意に低かった(10.5)。それぞれ、%対14.7%;ハザード比[HR]:0.69、95%信頼区間[CI]:0.58〜0.81; p優位性<0.001)。これらのデータは、LAのニューオーリンズで開催されたAmerican College of Cardiology(ACC)の第68回年次学術セッション2019での最新の口頭発表として発表され、同時にNew England Journal of Medicineにも掲載されています。(以下省略)

【コメント】【Google翻訳のまま】にて追加原文をご覧下さい。
言い回しは悪いが、瓢箪から駒、革新的な新薬の源が、治験に含まれています。
小野薬品、日経逆相関仕手銘柄4528の反転攻勢に期待します。