ここから本文です

国内では当面材料なし。中医協も小野IRも大したものはなく古い出がらしのお茶を眺めるようなもので飲みたいとは思わない。材料があるとすれば米国発でBMSが何か発信すれば上にも下にも行く。
従って需給と日経に振り回されることになる。3~4月高値の期日がまもなくやってくるから要注意だ。
しばらくボックスかな。
個人的には悪液質に対するアナモレリンに期待したいがなにせまだフェーズ2の段階。早く出して欲しい。