ここから本文です

>>1008

2017年1月末には買残が1300万株(売残40万株)だったこと思えば、随分改善されたと思います。一旦は400枚株を少し切るまで減った買残は4月の暴落で600万株超えまで増えましたが、そこから減らして現在に至っています。もうさほど問題にする必要がないレベルではないでしょうか(^^)

小野薬品の今後の業績向上に安心感を感じられる決算発表であり日々のIR情報です。株価が下がれば買いが湧いてくる環境にやっとなってきたような気がします。

さすがに過熱感を感じますので、月曜か火曜に多少の調整はあるでしょうが、新しい方や買い増しする方々の買い場になると思います(^^)