ここから本文です

>>347

> 籠池氏は安く買えたので神風が吹いたか!とまで
> 喜んでいたはず。
> 地元自治体との取引は 格安で取引されても
> 誰も疑念をもちません。
> 今回は民間相手の随意契約でしたから
> 胡散臭い取引と解釈されても仕方ないでしょう。
> 公文書書き換えは先進国では 罪悪とされています。
> 書き換えが必要になるような取引はやはり どこかおかしい。
> 関西は一等地の狭間には 劣悪な地域が点在しているので
> 豊中というだけで高級住宅地が全てであるとは思いませんが
> 劣悪地域なら 数社の不動産鑑定士に見積もらせれば
> 余計な疑念を持たれずに済んだと思います

御趣旨には賛成です。
ただし、不動産鑑定士でも風評を精確に鑑定価格に反映することは困難でしょう。
やはし、原則通り競売するべきでした。
今回の場合は、後でゴミが出てきた場合の免責条項を財務省が求めたのに対して、籠池氏はそれをたてにとってゴミ除去の費用を安く済ませる心積もりがあったのでしょう。
つまり、出来上がった小学校に通う小学生の安全など無視していたということです。
地元自治体への土地売却なら格安でもよいという議論は成り立ちません。
他の自治体に対して不公平になるからです。
必要があれば、土地の売却価格は相場どおりにして別途助成金を支払うのが筋です。

  • >>349

    近隣の相場や取引事例を勘案すると
    自動的に風評は勘案されるのです
    西成区でも手塚山と西成地区では全く評価はことなります。
    南海高野線の手塚山と住吉東では同じ西成区で隣の駅ですが
    土地評価は月とスッポンです
    豊中市へ売却した土地は 恐らくは 市道がらみではないかと想像します
    豊中市へ売却する場合は豊中市の行政財産となりますので
    随意契約も可能なのです。市道拡幅や 歩道拡幅 市道引き廻し(曲線改良) がらみですと狭小変形土地になるので
    格安になります。補助金で助成などする必要ありません。
    同じ1000坪でもマンション用地だと高いし 歩道用だと
    鰻の寝床状態になると値段は極安。
    豊中市は 近畿財務局にとって特別利害関係人の立場になります。
    籠池夫妻は特別利害関係人ではありませんから
    随意契約を締結することは異常。
    あくまで競争入札すべきです。それが国有地処理の大原則です。
    まして土地形状は大規模開発に適した形状です
    さて 理財局と近畿財務局は同じ財務省に所属してはいますが
    局あって省無しが役所の慣例ですから
    理財局から近畿財務局への指示など普通はあり得ないと思います
    近畿一円の国有地は近畿財務局の専管事項のはず。