IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

>>373

また変な例えを出して、、、あえて話に乗っかるなら、

誤認逮捕って解りますか?
疑わしきは罰せずとか。

証拠不十分でとりあえず逮捕って、日本の警察はそんな事します?
また、裁判で証拠はないけど、疑わしいから有罪とかします?

容疑者としてマークしておくのは、次の犯罪を未然に防ぐ意味で重要だけど、実は犯人でない時の警察・検察の代償は大きいですよね?誤認逮捕なら、世間からのバッシングは避けられない。

ここも同じ。多分これが原因なので臨床的な効果は十分に示せていないけど(寧ろ片方の試験は効果を否定してるけど)使ってみましょう、は代償が大き過ぎる。

脳への影響を及ぼす薬剤を、「試しに」なんて胃薬や睡眠薬じゃないんですよ。数年試して、アリア・他副作用のリスクを負いながら高額費用を払って、間違いでしたで済まされない。
アリアが致命的な障害に繋がって、その頃に試験で「効果なし」ってなったら、誰が責任取るんですか?


とりあえずって考え方が医薬品にはナンセンス。抗がん剤で散々副作用の話を非難してるくせに、脳に関する薬剤を舐めてませんか?
軟膏や、湿布薬と勘違いしてません?

  • >>375

    今の認知症医学の最先端を走っている事は間違い無いと思います。こういうハードルを乗り越えながら、人類の寿命が少しずつ延びていく。

  • >>375


    >証拠不十分でとりあえず逮捕って、日本の警察はそんな事します?★桜をみる会は証拠があるのに不起訴にした。
    また、裁判で証拠はないけど、疑わしいから有罪とかします?★裁判はそうだけど、政治は総合的に判断した、が罷り通る世界。

    容疑者としてマークしておくのは、次の犯罪を未然に防ぐ意味で重要だけど、実は犯人でない時の警察・検察の代償は大きいですよね?
    誤認逮捕なら、世間からのバッシングは避けられない。★FDAは自ら犠牲になって世間のパッシングにも耐えて居る。時にはこう云う手段も必要だ。

    ここも同じ。多分これが原因なので臨床的な効果は十分に示せていないけど(寧ろ片方の試験は効果を否定してるけど)使ってみましょう、は代償が大き過ぎる。★手術や抗癌剤で殺す事は良くあるが、患者を救う為の挑戦なら許されている。(医者は誰もがお金儲けの為などとは言わない)

    脳への影響を及ぼす薬剤を、「試しに」なんて胃薬や睡眠薬じゃないんですよ。数年試して、アリア・他副作用のリスクを負いながら高額費用を払って、間違いでしたで済まされない。
    アリアが致命的な障害に繋がって、その頃に試験で「効果なし」ってなったら、誰が責任取るんですか?★注射の使い回しは肝炎ウィルスの感染リスクがあると散々WHOから警告されたが、当時の厚生省はそれを無視して注射の使い回しを推進していた。それから数十年の潜伏期を経て、
    現在肝炎→肝硬変→肝臓癌となり、どんどん死亡している。今頃訴訟で負けて国が補償している。


    ★要するにFDAの英断は国民の認知症解決のためであり、裁量権のあるFDAにはなんの法律的落ち度もない。ただ諮問委員会が下らないプライドを傷付けられ、怒っているに過ぎない。
    この果敢な挑戦の審判は30年位後になると云うことだ。地動説などはコペルニクスが唱えてから数百年後に認知されたのだから、気長に待つことだ、、、、