ここから本文です

今、中国の創薬事情が大きな変化を迎えています。その背景には、
中国国家食品薬品監督管理総局(CFDA)が2015年以降、
次々に審査承認制度改革を推し進めてきたことがあります。
その結果、中国の医薬品はジェネリック中心から新薬の開発へと急速に転換されつつあり、承認も簡素化されてきているようです。

そんななか(祝)ハラヴィン---これを機に中国人の日本の医療にタダ乗りガン治療やめてもらい、自国で治療してもらいましょ。。
じきに中国巨大市場で利益をもらたしてくれるでしょう~

「キイトルーダ」日本人データ、臨床腫瘍学会で発表  頭頸部がん1次治療で死亡リスク78%減 

中枢神経系とガンに選択と集中を図るエーザイにとって、
メルクとの契約はガンのプラットフォーム構築に向けた重要な一歩。
今は癌の自社創薬で流れをつかんだ格好で、
新たなビジネスチャンスを生むきっかけにもなる。

アルツハイマー病という難敵には苦戦しているが、
E2814は、アルツハイマー病を含むタウオパチーに対する疾患修飾薬として開発され、臨床第I相試験の準備中~

なんでこんな低調な株価なんかな~
前のアルツこけて、いったんへこんだが。。。。。もおええろ
サイヤ人みたいに、そろそろ潜在能力発揮してみい。。。なんてなっ