IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

ニュース News
2018年12月21日
京都大学iPS細胞研究所、住友化学株式会社および大日本住友製薬株式会社による
高品質な臨床用iPS細胞の製造に向けた共同研究の開始について
 京都大学iPS細胞研究所(所在地:京都市左京区、以下「CiRA」(サイラ))、住友化学株式会社(本社:東京都中央区、以下「住友化学」)および大日本住友製薬株式会社(本社:大阪市中央区、以下「大日本住友製薬」)は、このたび、より高品質な臨床用iPS細胞を製造するための共同研究を開始しました。

 CiRAでは、2013年度から再生医療用iPS細胞ストックプロジェクト(注)を推進し、CiRA附属の臨床用細胞調製施設(Cell Processing Center、以下「CPC)」)であるFiT(Facility for iPS Cell Therapy)において、 原料の細胞となるiPS細胞ストックを製造してきました