ここから本文です

>>445

大学との共同研究をやってます。この薬は有望なのでしょうか?

田辺三菱が3日ぶり反発。同社は8月8日大引け後に、大阪大学大学院医学系研究科分子神経科学の山下俊英教授の研究グループとともに、かねてよりヒト化抗RGMa抗体であるMT-3921について共同研究を進めてきた件に関し、田辺三菱が脊髄損傷患者を対象とする第1相臨床試験計画を、米国食品医薬品局(FDA)に提出したと発表した。

 MT-3921は田辺三菱が注力する神経疾患領域のパイプラインの拡充に寄与する新しい治療薬。大阪大学との産学連携から生まれたプロダクトとした。