ここから本文です

>>441

田辺三菱製薬株式会社(代表取締役社長:三津家正之、本社:大阪市中央区、以下「田辺三菱製薬」)と国立大学法人大阪大学(学長:西尾章治郎、所在地:大阪府吹田市)大学院医学系研究科 分子神経科学の山下俊英教授の研究グループは、かねてよりヒト化抗RGMa抗体であるMT-3921について共同研究を進めてきました。この度、田辺三菱製薬が脊髄損傷患者さんを対象とする第1相臨床試験計画を米国食品医薬品局(FDA)に提出しましたので、お知らせします。