IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

かなり厳しいな。

条件付き治験を求めるっていうのは、治験者にファイザーやアストラゼネカのワクチンが既にあるにも関わらず効果未測定のワクチンを摂取することを認めて欲しいっていう意味だけど、それを受けて菅総理はコロナ現況が落ち着いてきたらそういった議論も必要だという返答。

塩野義が治験をやる意味としては変異株とかまだ海外ワクチンが対応できていないものを先んじて開発するか(未だ普通のワクチンも作れていないが)、もしくは国産ワクチンだけ特別待遇で治験をやらせてくれっていう訴えしかない。

国としては既に全国民分の海外産ワクチン承認をしているわけだし、今更第1ステージのワクチンをというのは厳しい。
 
武田シャイアー組のように早めに撤退しないと本業もボロボロになってしまう。