IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

15:00メール

2021 年 1 月 26 日
各 位
会社名 塩 野 義 製 薬 株 式 会 社
代表者名 代表取締役社長 手代木 功
(コード番号 4507 東証第一部)
問合せ先 広報部長 京 川 吉 正
TEL (06)6209-7885
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の重症化抑制を目指した
BioAge 社とのライセンス契約の締結について

塩野義製薬株式会社(本社:大阪市中央区、代表取締役社長:手代木 功、以下「塩野義製薬」
または「当社」)は、この度、BioAge Labs, Inc.(本社:米国カリフォルニア州、CEO:Kristen
Fortney, Ph.D.、以下「BioAge 社」)との間におきまして、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)
による感染症(COVID-19)の重症化抑制を対象とした S-555739(Prostaglandin D2 DP1 受容
体拮抗薬、BioAge 社コード:BGE-175、以下「本化合物」)の導出に関する契約を締結しました
ので、お知らせいたします。
本化合物は、当社が創製した DP1 受容体拮抗薬であり、アレルギー性鼻炎に対する適応取得を
目指して開発を進めておりました。これまで当社が実施してきた複数の非臨床および 2,400 例以
上を対象とした臨床試験において、DP1 受容体への高い親和性および選択性 1 に加え、良好な忍
容性、安全性が確認されています。
加齢による免疫機能の低下は、感染症に対する罹患率ならびに死亡率を高める大きなリスク因
子となります 2。そのため免疫機能を亢進させることで、COVID-19 を含む種々の感染症の重症化
抑制に繋がる可能性が示唆されています。
この度、BioAge 社が実施した独自の AI オミクス解析から、加齢に伴う免疫機能低下を改善す
る創薬ターゲットとしてDP1受容体が同定されています。また、アイオワ大学で実施されたSARS
コロナウイルス(SARS-CoV)を感染させた加齢マウスモデルに、既存の DP1 受容体拮抗薬を投
与した試験では、マウスの死亡率の改善とともに、肺内のウイルス量の有意な低下が報告されて
います 3。