ここから本文です

またまたニュースリリースです。
*****
大日本住友製薬株式会社
統合失調症および双極性障害うつを対象とした
ルラシドンの国内における製造販売承認申請について
大日本住友製薬株式会社(本社:大阪市、代表取締役社長:野村 博)は、7月31日付けで、「統合失調症」および「双極性障害におけるうつ症状の改善」を適応症として、ルラシドン塩酸塩(一般名、以下「ルラシドン」)の国内における製造販売承認申請を行いましたので、お知らせします。
ルラシドンは、当社が創製した独自な化学構造を有する非定型抗精神病薬であり、ドパミンD2、セロトニン5-HT2A、セロトニン5-HT7受容体に親和性を示してアンタゴニストとして作用し、セロトニン5-HT1A受容体にはパーシャルアゴニストとして作用します。ルラシドンは、当社グループの中核製品であり、米国などで「LATUDA®」の製品名で販売されており、北米における2018年度の売上収益は1,845億円でした。
このたびの国内での申請には、ルラシドンの統合失調症を対象としたフェーズ3試験(JEWEL試験)および双極Ⅰ型障害うつを対象としたフェーズ3試験(ELEVATE試験)のデータが含まれています。JEWEL試験およびELEVATE試験の速報結果については、それぞれ2019年1月10日付けおよび2017 年6月9日付けのプレスリリースでお知らせしています。
当社は、ルラシドンが国内で承認されれば、統合失調症および双極性障害におけるうつ症状の新たな治療選択肢を提供することができ、国内における両疾患の治療に貢献できるものと期待しています。
*****

やるじゃないーーーーー!