ここから本文です

ISSによるウエーバー解任推奨、クローバック条項の浮上、従業員の通告による労働基準法違反の発覚、長年にわたる異常な高率タコ配の継続、企業業績を無視したウエーバーの誰もが非常識と感じているだろう17億円という高額報酬…、武田は崩壊へのルビコンを渡ったということでしょう。