ここから本文です

2019/06/06 日経産業新聞

武田薬品工業は同社の遺伝性血管性浮腫(HAE)治療薬「タックザイロ」の解析データを、ポルトガルで開催された欧州アレルギー・臨床免疫学会(EAACI)で発表した。HAEの長期予防効果を調べる試験で、月間の平均発作発現率を80%減少することが確認できたという。HAEは顔や臓器などが突発的に腫れる遺伝性の希少疾患。気道などに起きると窒息する可能性もある。突発的な浮腫は予測不可能と言われるが、タックザイロを使うと発症を予防でき、急性治療が必要な重度の発作の発現率を抑えられたという。
 タックザイロは武田薬品が買収した旧シャイアー社の医薬品で、2018年8月に販売を開始。19年3月までの半年で世界で167億円を売り上げており、大型製品となることが予想されている。