ここから本文です

社債市場で今年最大の注目案件、武田薬品工業のハイブリッド債がいよいよ登場する。31日に決まった発行額は5千億円。国内のハイブリッド債としてはもちろん、円建て社債としても過去最大だ。普通社債より信用リスクが高いハイブリッド社債の大型発行が可能となった背景には、利回りに対する投資家の「渇望」がある。
 異例ずくめのディールだった。大型連休明けの時点で3千億円だった発行額想定は、予想以上に力強い需要に後押しされて4千億円、5千億円と徐々に上積みされた。
 購入した顔ぶれは年金基金の運用を担う信託銀行や生命保険、地域金融機関など主要な投資家が勢ぞろいした。総数は数百に及び過去最大規模で、ハイブリッド債投資の裾野の広がりを示した。